ごあいさつ

HP4.jpg 

海外営業・業務・企画、及び中国現地法人の

社長などの実務経験と、国際行政書士

としての企業法務知識を基に、英文契約書・

中国語契約書を作成いたします。

海外との契約書は、問題が発生したときに

十分に対応できるよう、

隙なく作成しなければなりません。

一般的な翻訳会社ではございませんので、

十分な状況確認をさせていただき、

あらゆるリスクを検証したうえで業務に

着手させていただきます。

当サイトは大田区の

【フォンタナ国際行政書士法務事務所】が

運営しております。

 

日本のビジネスの常識は万国共通とは限りません!

 弊所ホームページをご覧いただきまして

誠にありがとうございます。

 

 会社に勤務していた時の話ですが、

たった一枚の覚書のために、

会社は多大な損害を被り、何十年もの間、

相手の有利な主張を認めざるを

得ませんでした。

多分、現在も状況は変わっていないと思います。

 この覚書を作成した社員も、署名した役員も

退社して、どのような状況で覚

書を取り交わしたかも判りませんでした。

推測するに、個人的な友好関係の延長で、

かなり軽い気持ちで作成して、署名

者も、総務部も深く検証しなかったようです。

 英文契約書でも中国語契約書であっても、

日本の社会ルールや常識は通用いたしません。

ですから日本語で作成した契約書を、

英語や中国語に翻訳した場合、

カントリーリスクを無視したものになります。

 日本人は「法律」に依存する傾向が強く、

「法律に反するような行為は、わ

わざ契約書に記載する必要はない」と思いがちです。

しかし、ここで言う「法律」とは、

日本の国内法ではないでしょうか?

海外との取引は、文化も歴史も、

法律も異なる人たちと行うものです。

日本の法律では常識でも、

海外では非常識かもしれません。

性善説に基づた曖昧さだらけの契約書を

作成する国民は、日本人以外に居ない

と肝に銘じましょう。

 

東京商工会議所会員 

フォンタナ国際行政書士法務事務所

代表 山下 啓一


電話:03-3731-3492

FAX :03-3731-3493

e-mail:info@fontana-law.com



大きな地図で見る

当事務所の特徴

●豊富な実務経験
30年以上にわたり、自ら海外との取引交渉にあたってきた経験を基に実戦的なコンサルティングを行います。

 

●国際行政書士としての契約法務経験
単なる翻訳業務ではなく、企業法務におけるリスクを回避するためのノウハウを駆使いたします。

 

●対面での状況確認
日本語・英語・中国語の契約書をそのまま翻訳するのではなく、契約事項の基本情報を十分に把握したうえで契約書を作成いたします。

サービスのご案内

ご依頼をお受けする前に、事前に来所いただくか、

弊所よりお伺いして契約締結の経緯

具体的内容を確認いたします。 

先ずはメール、または電話にてご相談ください。

 

 英文契約書の作成

 英文契約書の日本語への翻訳

 日本語契約書の英語への翻訳

 英語での契約当事者との協議

 英文契約書のリスクチェック

 中国語契約書の作成

 中国語契約書の翻訳

 中国での規定・就業規則整備

 中国での定款作成

 外国向けの文書認証代理

  


                

お問合せ・ご相談はこちら

HP3 (495x640).jpg不明な点やご相談などございましたら、

お電話もしくはお問合せフォームから

お気軽にご連絡ください。 

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 03-3731-3492
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

              

             お問合せフォームはこちら

 

よくある失敗事例

                 

英文契約書、中国語契約書にまつわる失敗事例です。

実はほとんどが自分自身で経験した事柄です。 

思い込み、安易な判断、個人的な信頼感などにより、

取り返しのつかない契約のリスクを回避しましょう。

         失敗しないポイントはこちら